薄毛と遺伝の関係性

男性の多くの悩みである薄毛や抜け毛は果たしてどれだけ遺伝するものなのでしょうか。
現在男性の脱毛については男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる男性ホルモン(ジヒデロテストステロン)による頭髪サイクルの乱れからくることが分かっています。
脱毛の原因となるAGAの男性ホルモンを基準に考えていくと、遺伝である割合は4分の1の25%程度となっています。

一方で薄毛や脱毛は隔世遺伝するといわれています。
これは頭髪に関するジヒデロテストステロンの受容体であるアンドロゲンレセプターがX染色体にあることが由来となっています。
女性はX染色体を2つ持ち、男性はX染色体とY染色体をそれぞれ持つことで性別などが決定します。
そこで、薄毛に関する遺伝分子はX染色体にあることから、父親から遺伝することはありません。
よって、母方からの遺伝で薄毛が出てくるため、母方の祖父が薄毛であれば孫に薄毛が現れる確率が高くなるということです。

父方が原因因子を全く持っていないかというと、そういうわけではありません。
zヒデロテsトステロンと結合する5aレクターゼと呼ばれる酵素の活性については、父親、母親に関係なく優性遺伝するといわれています。
そこで、父親もしくは祖父にAGAが見られる場合には、5aレクターゼ活性は2分の3の確率で現れることとなります。

よって、自身の薄毛や脱毛の遺伝性を心配するときには、直系の父親だけではなく、父方の祖父や母方の祖父についても比べてみる必要があります。
25%という割合はあくまでも一般論であり、両親両方の家系に薄毛や脱毛などの症状が強く出ている方には高い確率でAGAなどの治療が必要となってきます。
実際に脱毛してしまう前に、AGA専門の外来を受診してみるのもいいでしょう。